アジア太平洋資料センター(PARC) 50周年

これまでも、これからも

誰もが対等・平等に生きられる

オルタナティブな世界をめざして

parc_logo.png

ご支援・ご参加のお願い

アジア太平洋資料センター(PARC)は、来年の
2023年で設立50周年を迎えます。
英文『AMPO』を通じた国際連帯、企業のアジア進出
の裏で起こる環境破壊や人権侵害の告発、身近なモ
ノを通してグローバリゼーションを考える市民調査、
そしてODAや貿易、債務などに関する国境を越えた
監視と提言――。
50年の活動は多岐にわたり、時代とともに変化して
きました。しかし、設立時に掲げた「私たちが変わる
ことで、南と北の人びとが対等・平等に生きることの
できるオルタナティブな社会をつくる」という理念は
今も変わりません。
PARCはこれまでも、国内外の運動の媒介者として、
また人びとの目線から世界をとらえ問題提起をする主体
として活動してきました。50周年を迎えるにあたり、
私たちはいまなお取り残されている課題はもちろん、
新たな問題へと挑戦し続けていきます。
皆様のご支援をお願い申し上げます。

特定非営利活動法人

アジア太平洋資料センター(PARC)

理事会​

web02.jpg
web07_edited.jpg
uchida_s.jpg

内田聖子

(PARC共同代表)

 2023年9月、アジア太平洋資料センター(PARC)は設立から50年を迎えます。人間でいえば、生まれた赤ちゃんが50歳になるわけですから、どれほど多くの経験をしてきたのか、どれだけの選択と失敗、出会いと別れがあったのか。想像するだけで胸が熱くなります。
 PARCの誕生した1973年から現在まで、世界と日本は大きく変化しました。戦後の高度成長期としての1970年代、経済のグローバリゼーションが進んだ1980年代、そして2000年以降には新自由主義政策が世界の隅々に行き渡りました。どの時代にも、PARCは「小さき民」の一員として、環境と人権を脅かす破壊的な開発や、一部の者だけが肥え太る不公正な経済システム、非民主的・独裁的な政治、そして人々の生命と希望を奪いつくす戦争・紛争に対して、批判と提言を行ってきました。そこでの基本的な姿勢は、私たちは問題を起こしている構造の一部であり、私たち自身が変わることなしに世界は変わらないというものです。私たちには特定の現場はありませんが、だからこそ国内外の多様な運動体やNGO、コミュニティ、研究者、ジャーナリスト、市民を結ぶ媒介としての矜持を持って活動をしてきました。
 50年の道のりは決して平坦ではなく、それぞれの時代での困難や対立もありました。現在の理事会・理事会はその歴史を創設時の諸先輩方から聞き取りながら、新たなPARCの活動を展望しようとしています。PARCの50年を、一組織の歴史とだけ狭く切り取るのではなく、戦後から現在に至るまでの日本と世界の社会運動、市民活動の歴史の中に位置づけ、可能な限り普遍的で現代的な課題として、多くの方々と共有し、議論することが、私たちの願いです。
 PARCに長く関わってくださった諸先輩の皆さん、ごく最近に参加くださった皆さん、国境を越えてつながる海外の友人の皆さん、そしてこれからPARCと出会うであろう未来の仲間たち、すべての方にPARC50周年事業への参加とご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。特に、50年の蓄積としての各種資料、写真、データのアーカイブ化については、市民活動の記録を残し、継承するという社会的意義も大きなプロジェクトです。しかしながら一定の費用もかかることから、皆様からのご寄付がなければ実現いたしません。ぜひご支援をお願い申し上げます。

 
web05.jpg

2023年9月
設立50周年に向けた
取り組み

1.PARC50周年
デジタル・アーカイブの
作成・公開

英文雑誌『AMPO』、日本語刊行物『世界から』、月刊『オルタ』などPARCは様々な情報発信を行ってきました。その刊行物を世界中どこからでも閲覧可能にするデジタル・アーカイブを作成、公開します。

2.PARC自由学校の
「50周年記念講座」
「アーカイブ講座」など

設立以来、活動を担ってきた方々に、PARCの諸活動がどのような時代の中で生まれ、国内外の人びととどのような連帯をつくってきたのか、じっくりお聞きする講座を実施します(PARC会員は無料。どなたでも参加いただけます)。また市民活動を記録し継承するための「アーカイブ講座」も行います。さらに今後、自由学校の特定の講座の無償化も検討します。
※詳細はPARC自由学校ウェブサイト(https://www.parcfs.org/

3.PARC50周年記念イベント

2023年9月(予定)に、多くの方々とともにPARCの歩みと世界・日本の運動、そしてこれからの活動を議論し、展望する内容のシンポジウムなどのイベントを行います。

4.これまでの歴史を振り返り、
未来を展望する企画

PARCの各種資料や自由学校講座でのお話などを基に、50年の歴史を振り返り、現在の課題とも結びつけながら未来を展望する企画を進めています。

web06.jpg

50周年記念基金へのご寄付のお願い

上記の記念事業を実現するため、

記念基金を立ち上げました。

皆様からのご寄付をお願いいたします。

●1口5,000円(何口でも)

●募集期間:

 第1期:2022年4月1日~2022年9月30日

 第2期:2022年10月1日~2023年3月31日

 第3期:2023年4月1日~2023年9月30日

 

●目標金額:1000万円

 

●ご寄付いただいた方には、
50周年記念事業に関する情報アップデートを

メール等でお送りする他、
ご同意いただける場合は
お名前を寄付者リストに掲載するなど、
各種の特典を計画中です。

 
web08.jpg

COMING
  Soon...

フォトギャラリー、応援メッセージ、
イベント案内など随時更新予定

更新情報を受け取る

ご登録いただきありがとうございます。

 

PARC自由学校

関連講座のご案内